Pocket


このたび、マカフィーのインターネットセキュリティ2009を手に入れました。
ファーストマシンには、別のソフトがインストールされているため、セカンド
マシンにインストールして、使ってみました。

セカンドマシンには、フリーのファイアーウォールと、フリーのアンチウィルソフト、
同じくフリーのスパイウェア対策ソフトがインストールされていたため、アンインストール
してから作業を始めました。

インストールは手順どおり進めれば、普段パソコンを使っている人には、簡単なもの
だと思います。CDから起動され、サイトから最新版をダウンロードしつつ、作業は
進みます。回線が細い人には、少し時間がかかるかもしれませんね。

インストールが完了し、再起動してちょっとしたら…フリーのソフトでは引っかからなかった
ソフトが、怪しいプログラムであるとされました。

Generic.PUP.zと言うもので、有害な可能性のあるプログラムであると言うもの。
対象とされたのは海外のフリーソフトですし、今は使っていない事もあって、
修復(削除)する事にしました。怪しげなプログラムは、自分のパソコンにはない方が
いいですものね。

私のセカンドマシンは非力なので、インストール後に少しだけ機能を絞って使う事に
しましたが、最近のハイパワーなマシンだったら、問題なく使えるんじゃないでしょうか。

今回マカフィーの製品を初めて使いましたが、やはりフリーのソフトよりも、製品版は
信頼できるなぁと、そう思いました。

CA380305.JPG

マカフィー・ストア

リンクシェア レビュー・アフィリエイト